マンションの電気代を削減する、マンション一括受電サービス

BBIQ電力

menu

電力の自由化について

電力自由化

サービスや料金メニューで電力会社を選べる時代に!

家庭でも、今の電力会社以外から電気が買えるって本当?

2016年4月から自由化の対象が一般家庭や小規模店舗にまで拡大されています。もう自分の住んでいる地域の既存の電力会社に縛られることはなく、これまで通り今の電力会社と契約してもいいし、サービスや料金メニューを比較して新電力と契約することもできるようになりました。

出典:資源エネルギー庁HP

電力会社を変えるのに、工事は必要?

基本的には、工事は不要で切り替えることができます。ただし、計量器がスマートメータでないときは、検針データを新電力も簡単に使用できるようにするため、スマートメータに取り換える必要があります。(取替費用がお客さまに発生することはありません)

自由化で電力料金が安くなるって本当?

自由化により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になりました。
電気の小売事業への参入者が増えることで競争が活性化し、様々な料金メニュー・サービスが登場することが期待されます。

例えば、電気とガス、電気と携帯電話などの組み合わせによるセット割引や、ポイントサービス、さらには家庭の省エネ診断サービスなどが登場しています。
また、再生可能エネルギーを中心に電気を供給する事業者から電気を買うことも可能です。
さらに、現在お住まいのエリア外で発電された電気の購入も可能です。例えば、都会に住んでいても、ふるさとで発電した電気を選べる可能性が生まれています。また、近くの自治体が運営する事業者から電気を買うなど、電気の地産地消も可能になります。

自由化はどの程度進んでいるの?

自由化がスタートして2年が経ち、家庭部門では約8%(販売電力量ベース)の方が、地域の電力会社から新電力に契約を切替えています。また、お客さまが選択できる料金メニューも6倍強に増えました。事業者の数も500社程度に増えていますが、お客さまの拡大に伴う体制の構築が追い付かず事業撤退に至る例や事業承継の動きも増えています。

出典:資源エネルギー庁「電力小売全面自由化の進捗状況について(2018年7月6日)」より

高圧一括受電サービスとどっちがお得?

マンションの一括受電サービスは、お客さまの低圧契約をまとめて契約規模を大きくして、電力会社とマンション一棟分を高圧契約することにより割安に電気を購入し、設備の償却や保安業務、検針・料金業務等の必要経費を加えても、お客さまがよりお得に、かつ安全に安心してお使い頂けるサービスです。
電気は生活に欠かせないインフラであり、お客さまにとって供給や料金水準の安定性確保が重要な要素と考えられます。多種多様な事業者が参入し、市場原理によって取引される場合、お客さまにとっては必ずしもプラス面だけではない可能性もあります。
新電力が主に調達する市場では、需給状況により、価格が乱高下する不安定性を抱えていますが、高圧料金と低圧料金の値段の差は、多少変化があっても全面自由化後も継続されるものなので、マンションの一括受電サービスは、将来に亘り安定してサービスできるものです。

都市ガスも今のガス会社以外からガスが買えるの?

2017年4月1日、都市ガスの小売全面自由化がスタートしました。
現在、敷設されているガス管を利用して、これまでの都市ガス会社だけでなく、新しく参入する会社もガスを供給・販売することができ、消費者は会社を選ぶことができるようになりました。

これまでは・・・都市ガス会社が供給・販売していました。これからは・・・既存の都市ガス会社のガス管を使って様々な会社がガスを供給・販売します。 これまでは・・・都市ガス会社が供給・販売していました。これからは・・・既存の都市ガス会社のガス管を使って様々な会社がガスを供給・販売します。

自由化で変わること変わらないこと

【その1】都市ガスを供給する会社を選ぶことができます。【その2】新しい料金やサービスを利用することができます。【その3】保安点検の実施や緊急時の対応は変わりません。【その4】新しい会社でも、ガスの品質に影響はありません。 【その1】都市ガスを供給する会社を選ぶことができます。【その2】新しい料金やサービスを利用することができます。 【その3】保安点検の実施や緊急時の対応は変わりません。【その4】新しい会社でも、ガスの品質に影響はありません。

出典:資源エネルギー庁 パンフレットより

ガス会社を変えると新たにガス管を引かなければならないの?

今ある導管網を使うので新たにガス管を引く必要はありませんし、ガスそのものの品質や信頼性は、どの会社からガスを買っても同じです。
※LPガスからの切替えには、ガス管の施設等が必要になる場合があります。

高圧一括受電のマンションもガス会社を選べるの?

九州では、九州電力が西武ガス供給エリアの一部(北九州・福岡地区)でガス事業に参入しました。
QTnetは、2018年5月より高圧一括受電マンション向けのガス料金メニュー「きゅうでんガス[M]」の代理販売を行っています。
現在、九州電力のガスを取扱っているマンション一括受電事業者は弊社だけです(2019年3月現在)

きゅうでんガス[M]×BBIQ電力
ページトップへ